ご自身で選ぶカスタムメイドの普通自動車運転教習 パイロットアカデミー
home
menu
教習システム
免許取得までのフロー
練習場所と教習時限
卒業生に2つの特典
予約満空状況
 
教習料金
料金表
費用の試算
 
ケーススタディ
ケーススタディ一覧
 
当社について
代表ご挨拶
一発試験について
会社概要
 
お問い合わせ
リンク
ケーススタディ

仮免を所持していて、府中・鮫洲コースの路上教習を希望される方

仮免許は持っているのですが、路上教習だけやってもらえるのですか。

 もちろん可能です。 パイロットアカデミーの路上教習は、府中と鮫洲の路上試験コースそのものズバリを使いますので、本試験でかなり有利ですよ。
 ただ、誤解も多いようなので申し上げておきますが、「路上試験コースを走る」とは言っても、「〇〇コースの1人目・2人目・3人目」というような“道順”を覚えるのは、本試験では予告なくコースが変わることもあるので意味がありませんし、それが路上教習の目的ではないこともご理解ください。

何回教習することになりますか。

 法定10時間の路上練習が必要な方については、当社の教習回数で5回受講していただきます。
 法定練習を終えられている方や、方向変換(右バック・左バック)・縦列駐車等の追加教習が必要な方は、個別にご相談ください。

教習料はいくらになりますか。

 法定練習(当社の路上教習5回)のみで試算しますと、登録料も含めて5万円になります。

路上教習5回だけで本試験に太刀打ちできますか。

 教習回数としては通常は5回で充分と言えます。 ただ、受験までブランクが空いてしまった場合には、受験直前に「おさらい教習」を入れていただくと、より安心できると思います。

『路上練習申告書』は書いてもらえますか。

 はい。 当社の路上教習5回を受講された方については、無料で記入しますので、5回目の教習時に用紙をお持ちください。
 ちなみに、東京様式の『路上練習申告書』はこちら(A5両面)になります。

路上教習はどんな内容ですか。

 パイロットアカデミーの路上教習は、府中・鮫洲の試験コースそのものを使います。 とは言っても、ただ「試験コースを走ってみる」というのではなく、基本に忠実な走行を徹底して練習していただきます。 歩行者や自転車への安全配慮等を含めた実践的な教習を行いますので、高い合格率を誇ります。

入所申込みはどのようにするのですか。

 入所手続きは、初回教習時に簡単な申込書を書いていただくだけですので、まずは教習の予約を入れてください。 教習予約は1週間前(同曜日)から受け付けています。
 なお、お客さまの経験やお急ぎ度などをお尋ねし、また、持参物や集合場所等の確認もありますので、教習予約は必ずお電話でお願いいたします。