ご自身で選ぶカスタムメイドの普通自動車運転教習 パイロットアカデミー
home
menu
教習システム
免許取得までのフロー
練習場所と教習時限
卒業生に2つの特典
予約満空状況
 
教習料金
料金表
費用の試算
 
ケーススタディ
ケーススタディ一覧
 
当社について
代表ご挨拶
一発試験について
会社概要
 
お問い合わせ
リンク
ケーススタディ

外国免許切替の技能確認(書替え審査)を受けるための練習をしたい方

外国人です。日本の免許が取りたいのですが。

 日本人と同様に、「(1)仮免許取得→(2)路上練習→(3)本免許試験合格→(4)免許取得時講習」という順を踏む方法、または公安委員会指定教習所を卒業して本免許の学科試験のみ免許センターで受験する方法が有ります。
 ところで、出身国では自動車運転免許を持っていなかったのですか。

出身国では免許を持っていました。

 それでしたら、それを日本の免許に切り替えることが可能です。ただ、書き替えのためには、簡単な学科試験と実地での運転技能の確認(審査)が行われるのが一般的です。 出身国の免許制度によって違いますので、必ず事前に在日大使館等で尋ねてください。
 また、在留資格によっては日本の運転免許が取得できない場合もありますので、入国管理局へも確認しておく必要が有るでしょう。 蛇足ですが、弊社代表取締役は行政書士でもありますので、在留資格に関する相談にも応じられます。

アメリカで取得した運転免許の場合について教えてください。

 米国の免許をお持ちでしたら、簡単な学科試験(10問;日本語版と英語版を選択可)の後、運転技能の実地確認(場内審査のみ)に合格すれば、日本の免許になります。 ただ、州により「臨時免許」という制度が有ると聞きますが、この免許は切り替えができませんので、大使館および免許センターで確認しておく必要が有ると思います。

国際免許で運転していてはいけないのですか。

 もちろん国際免許で運転して問題有りません。しかし、1年間しか有効でないことと、日本での交通ルールを学んでおいたほうが安心という意味から、特に長期滞在される方には日本の免許を取得されることをお勧めします。

パイロットアカデミーでは、英語での教習はしてもらえますか。

 申し訳有りません。日本語での教習になります。 でも、専門用語はそんなに使いませんし、指導員の中には「日本語教育能力検定」合格者もいますので、分かりやすく指導できると思います。